*本ページ内のリンクには広告が含まれています。

今回は、アルコールインクアートでレジンコーティングをしないでつくるツヤツヤアクリル板時計の作り方を全て一挙公開します!!!

アルコールインクアートで時計をつくる場合、表面をツヤツヤにする方法は主にレジンコーティングですが、

レジンはなかなか難しい・・・( 一一)という方もいますよね。
レジンは、量の調整や固まるまでに時間がかかるためその間きちんと水平を保たないと流れてしまい、出来上がりがデコボコになってしまったり、固まらなかったり・・・・

ということが起こってしまうことがあります。

せっかくアルコールインクアートでお気に入りの作品ができて、いざレジンコーティングで失敗・・・

となるとちょっと悲しくなってしまいますよね。😢

また、1日で行うワークショップなどではその場でお持ち帰りできませんよね。

今回は、そんな失敗がほとんどなく、仕上がりはレジンコーティングのようにツヤツヤ感のある

仕上がりをアクリル板でつくる

レジンコーティングなし ツヤツヤ時計の作り方
を全公開します!!

材料

材料

材料:・アクリル板(好みの大きさ)針を入れる中央部分に穴をあけておく
   ・アルコールインクアート原画
   ・PET 透明両面粘着シート 
   ・洗剤液(霧吹きボトル:中性洗剤500mlに対し5滴ほど)
   ・時計ムーブメント&時計針
   ・スキージー(100均ダイソーでも販売)
   ・カッターマット&工作用カッター
   ・キッチンペーパー等

霧吹きボトルやスキージーは100均ダイソーなどでも手に入ります。
カッターマットやカッターも100均のもので大丈夫です。
中性洗剤は食器用では、キュキュットやMagikaがあります。

・・・・・⏰・・・・・

【作り方】

① 原画を液剤で濡らす

アルコールインクアート原画にたっぷりと液剤を吹きかけます。
後で押し出しますのでたっぷりかけて大丈夫です。

②両面粘着シートを張る

両面粘着シートの剥離紙の片面をはがします。
粘着シートの粘着面にも液剤を吹きかけます。
①の原画の濡れた面と粘着シートを張り合わせます。

③スキージーで液剤を押し出す

スキージーを使って液剤を中央から外側に向かってしっかりと押し出していきます。
その際、液剤が出ますので下にキッチンペーパー等水気を吸収するものを下に敷いておくと便利です。
回しながら全方向に行います。

④ 剥離紙をはがす

粘着シートのもう片面もはがします。
剥がした面にも液剤を吹きかけます。

⑤ アクリル板を張り付ける

アクリル板の剥離フィルムを剥がし、液剤を吹きかけます。
それぞれ濡れた面を合わせて圧着します。

⑥ スキージーで液剤を押し出す

圧着した面を下にしてスキージーで液剤を中央から外側に押し出していきます。
全方向を行います。

⑦原画をカット

液剤を全てきれいに押し出したら圧着できています。
工作用カッター、カッターマット(ダイソーで販売しています)を使い、側面に沿って周りをカットしていきます。カッターには十分注意してください。

⑧時計パーツの取り付け


最後に時計の針やムーブメントを付ければ完成です。
時計版にお好きな数字やデコレーションパーツをつければオリジナリティあふれる時計ができます。
アルコールインクアートと一緒にぜひオリジナル時計をつくってみてください!(^^)!

YouTubeでもご紹介していますのでぜひご参考にしてみてください(^^♪


\送料無料/ 時計ムーブメント 時計針 のセット ハンドメイド レジンアート 作品を壁掛け時計にできます


時計 ムーブメントセット 《 手作り クラフト 工作 針 手芸 オリジナル時計 クロック clock 自由研究 》

(出典:RAKUTEN)